茶色いニキビ跡には

茶色いニキビ跡は、色素が沈着してしまった状態です。シミの原因はメラニン色素。美容を気にする人ならメラニン色素がシミの原因になるのは、すでにご存じだと思います。悪者として扱われがちなメラニン色素ですが、ニキビを治すのに大きく貢献しているものでもあります。なぜかというとメラニンは肌が刺激を受けたとき、肌を守るために作られるからです。紫外線を浴びたときにメラニンが作られ日焼けするのもそれが理由です。ニキビの場合は、炎症を起こしたときにメラニンが作られ、炎症から真皮を守っています。炎症が治れば本来役目を終えたメラニン色素は、古い角質などと一緒に排出していきます。

 

お気づきの方も多いでしょうが、メラニンが残って茶色いシミになるのも、ターンオーバーがうまく行われていないときです。排出されず残ったメラニン色素が沈着して消えにくいシミになってしまいます。さらに紫外線を浴びることもシミが残りやすい原因となります。紫外線を浴びるとまたメラニンが作られるほか、肌のターンオーバーが活性化されます。ターンオーバーは早ければ早いだけ良いと勘違いする人もいますが、早すぎても肌に良くないのです。未熟なうちに肌が生まれ変わってもメラニンの排出はうまく行われないばかりか、未熟な肌は刺激に弱く新たなニキビができやすくなります。

 

茶色いシミが残る理由が分かれば、おのずと対策が見えてきます。まずは悪化しないように紫外線対策をきちんと行うこと。スキンケアには美白効果のあるものを使うこと。美白効果のあるビタミンC誘導体の入ったものがおススメです。ビタミンCはメラニン生成を抑える効果もありますし、ターンオーバーを整える働きもあります。食事からも積極的に摂ると良いでしょう。もちろん食事はバランス良くとるのが大切です。

赤みの残るニキビ跡は

赤みが残るニキビ跡は、赤ニキビと誤解されることもあるニキビ跡です。ニキビと違い痛みもないですし、膨らみもありませんが、赤ニキビのようにポツポツとした赤みが肌にのこります。これができるのは主に赤ニキビができたとき。赤くみえるのはニキビが炎症を起こしている状態で、炎症を治すために血液がそこに集中してその色がみえるからです。そしてこの赤みがニキビが治っても残るのは、ターンオーバーが正常でないからです。ターンオーバーが正常であれば、古い角質と一緒に赤みも薄くなっていきます。

 

赤みが残るニキビ跡を改善するには肌のターンオーバーを正常にすること。ちなみに正常な肌細胞の生まれ変わり周期はおよそ28日です。肌のターンオーバーを正しくするには、基本の睡眠や食事、運動はもちろんですが、それに加えて赤みの残るニキビ跡に適したスキンケアを行うと効果的です。必要になるのはターンオーバーを促すケアです。肌の角質層はターンオーバーを促してやることで、正常な周期で生まれ変わるためのサポートになります。しかしあれた肌は化粧水が浸透されにくい状態です。ニキビ跡に良い化粧水を使いながらも効果が実感出来ない人は「肌を整える」ことを考えなくてはいけません。

 

そのために、導入液をつかいます。ブースターや拭き取り美容液などともよばれるものです。これは化粧水を使用する前に使います。しかし肌にはなるべく刺激を与えたくないので拭き取り型のものやアルコール配合量が多いものは避けた方が無難です。浸透しやすくなったところに、化粧水をつけていきます。保湿が大切なので、乳液などもきちんと使いましょう。数日で消えるわけではありませんが、正しいケアを続けていけば赤みは取れます。赤みを放っておくと、そのまま色素沈着して落ちにくいシミへと変わっていくので、早めのケアを怠らないようにしましょう。

ニキビ跡について

ニキビが治ったと思ったら、痕になってしまったという経験はありますか?当サイトをご覧になっているということは、治らないニキビ跡にお悩みでしょうか。
なかなか消えないニキビ跡は鏡を見るたびに気になりますよね。ニキビと同じようにニキビ跡にも種類があるのをご存じでしょうか。ニキビ跡には主に三つのタイプがあります。「赤みが残るニキビ跡」「茶色いシミのニキビ跡」「クレーターが残るニキビ跡」です。
それぞれケアの仕方は異なりますが、共通していえるのは正しいケアを早くしてあげること。正しくケアすることで、赤みと茶色いシミのニキビ跡は消すことが可能です。

 

参照ページ>【公式】ニキビ肌を防ぐスキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~クリアタイプ~』

 

皮ふにデコボコが残るクレータタイプは残念ながらキレイに治すことは自力では不可能といわれています。キレイに治すには病院での治療が必要です。しかし、少しでも目立たなくさせていくことはできます。それは他のタイプのニキビケアにも共通していることです。きちんと睡眠を取ること、食生活を見直すこと、適度な運動、リンパマッサージなどで老廃物の排出を促すこと、そしてなにより肌を清潔に保つこと。

 

これらは美肌作りには欠かせないことで、肌が元気にキレイになればハリが出てデコボコが目立たなくなりますし、シミなどの改善にも繋がりますよね。その基本を抑えた上で、当サイトでは自力でケアできる「赤みが残るニキビ跡」と「茶色いシミのニキビ跡」の消し方についてご紹介します。ニキビ跡にお悩みの方、諦めるのは早いですよ。正しいケアをしてキレイな肌を取り戻しましょう。