茶色いニキビ跡は、色素が沈着してしまった状態です。シミの原因はメラニン色素。美容を気にする人ならメラニン色素がシミの原因になるのは、すでにご存じだと思います。悪者として扱われがちなメラニン色素ですが、ニキビを治すのに大きく貢献しているものでもあります。なぜかというとメラニンは肌が刺激を受けたとき、肌を守るために作られるからです。紫外線を浴びたときにメラニンが作られ日焼けするのもそれが理由です。ニキビの場合は、炎症を起こしたときにメラニンが作られ、炎症から真皮を守っています。炎症が治れば本来役目を終えたメラニン色素は、古い角質などと一緒に排出していきます。

 

お気づきの方も多いでしょうが、メラニンが残って茶色いシミになるのも、ターンオーバーがうまく行われていないときです。排出されず残ったメラニン色素が沈着して消えにくいシミになってしまいます。さらに紫外線を浴びることもシミが残りやすい原因となります。紫外線を浴びるとまたメラニンが作られるほか、肌のターンオーバーが活性化されます。ターンオーバーは早ければ早いだけ良いと勘違いする人もいますが、早すぎても肌に良くないのです。未熟なうちに肌が生まれ変わってもメラニンの排出はうまく行われないばかりか、未熟な肌は刺激に弱く新たなニキビができやすくなります。

 

茶色いシミが残る理由が分かれば、おのずと対策が見えてきます。まずは悪化しないように紫外線対策をきちんと行うこと。スキンケアには美白効果のあるものを使うこと。美白効果のあるビタミンC誘導体の入ったものがおススメです。ビタミンCはメラニン生成を抑える効果もありますし、ターンオーバーを整える働きもあります。食事からも積極的に摂ると良いでしょう。もちろん食事はバランス良くとるのが大切です。