ニキビ跡について

ニキビが治ったと思ったら、痕になってしまったという経験はありますか?当サイトをご覧になっているということは、治らないニキビ跡にお悩みでしょうか。
なかなか消えないニキビ跡は鏡を見るたびに気になりますよね。ニキビと同じようにニキビ跡にも種類があるのをご存じでしょうか。ニキビ跡には主に三つのタイプがあります。「赤みが残るニキビ跡」「茶色いシミのニキビ跡」「クレーターが残るニキビ跡」です。
それぞれケアの仕方は異なりますが、共通していえるのは正しいケアを早くしてあげること。正しくケアすることで、赤みと茶色いシミのニキビ跡は消すことが可能です。

 

参照ページ>【公式】ニキビ肌を防ぐスキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~クリアタイプ~』

 

皮ふにデコボコが残るクレータタイプは残念ながらキレイに治すことは自力では不可能といわれています。キレイに治すには病院での治療が必要です。しかし、少しでも目立たなくさせていくことはできます。それは他のタイプのニキビケアにも共通していることです。きちんと睡眠を取ること、食生活を見直すこと、適度な運動、リンパマッサージなどで老廃物の排出を促すこと、そしてなにより肌を清潔に保つこと。

 

これらは美肌作りには欠かせないことで、肌が元気にキレイになればハリが出てデコボコが目立たなくなりますし、シミなどの改善にも繋がりますよね。その基本を抑えた上で、当サイトでは自力でケアできる「赤みが残るニキビ跡」と「茶色いシミのニキビ跡」の消し方についてご紹介します。ニキビ跡にお悩みの方、諦めるのは早いですよ。正しいケアをしてキレイな肌を取り戻しましょう。