赤みの残るニキビ跡は

赤みが残るニキビ跡は、赤ニキビと誤解されることもあるニキビ跡です。ニキビと違い痛みもないですし、膨らみもありませんが、赤ニキビのようにポツポツとした赤みが肌にのこります。これができるのは主に赤ニキビができたとき。赤くみえるのはニキビが炎症を起こしている状態で、炎症を治すために血液がそこに集中してその色がみえるからです。そしてこの赤みがニキビが治っても残るのは、ターンオーバーが正常でないからです。ターンオーバーが正常であれば、古い角質と一緒に赤みも薄くなっていきます。

 

赤みが残るニキビ跡を改善するには肌のターンオーバーを正常にすること。ちなみに正常な肌細胞の生まれ変わり周期はおよそ28日です。肌のターンオーバーを正しくするには、基本の睡眠や食事、運動はもちろんですが、それに加えて赤みの残るニキビ跡に適したスキンケアを行うと効果的です。必要になるのはターンオーバーを促すケアです。肌の角質層はターンオーバーを促してやることで、正常な周期で生まれ変わるためのサポートになります。しかしあれた肌は化粧水が浸透されにくい状態です。ニキビ跡に良い化粧水を使いながらも効果が実感出来ない人は「肌を整える」ことを考えなくてはいけません。

 

そのために、導入液をつかいます。ブースターや拭き取り美容液などともよばれるものです。これは化粧水を使用する前に使います。しかし肌にはなるべく刺激を与えたくないので拭き取り型のものやアルコール配合量が多いものは避けた方が無難です。浸透しやすくなったところに、化粧水をつけていきます。保湿が大切なので、乳液などもきちんと使いましょう。数日で消えるわけではありませんが、正しいケアを続けていけば赤みは取れます。赤みを放っておくと、そのまま色素沈着して落ちにくいシミへと変わっていくので、早めのケアを怠らないようにしましょう。